TM-D710S on VW TOUAREG

7N4TWL
0

で、ハムフェアで発表されていたTM-D710ですが、後先考えずに予約を入れてしまっていました。で、つい先週届き、この土曜日に車に取り付けることにしました。ただ、無線機をTM-D700EからD710Sへ変更するに当たりでメリットもありました。それはメッセージを入力するためにD700Eではキーボードインターフェイスをつけてキーボードを使っていたのですが、それが使えなくなることです。しかし、やはり新しいD710はかなり表示などやAPRSの機能自体が良くなっているので、当然(買った以上は使わないとね)リプレイスすることにしました。

DSC00077

TM-D700E(右)とTM-D710S(左)のコントロールパネルの比較です。かなり大きくなっているのがわかります。表示部も大きくなっているので見やすくなってますね。

DSC00069

つける前に仮組みして動作試験しているところです。RFユニット部はD700のものより一回り小さいです。でも430Mhzは50W(D710S)出ます。

 

また、今回困った事はマイクの取り付け方法です。マイクの取り付け用金具を車にねじ止めして固定するようなものです。しかし、車にねじ穴を開ける訳にはいきません。そこで、ちょっと考えてこんな具合にしてみました。

DSC00074 DSC00073

アドニスのPTTスイッチをセンターコラムの上に付けていたのですが、その下にマイクを横置きすることにしました。また、金具は1cm厚ぐらいのゴム板にねじ止めしそのゴム板を車に両面テープで固定する方法としました。運転席に座るとちょうど左手の所にマイクが来る感じです。

 

DSC00065 DSC00068

こんな感じです。

 

で、いよいよ車に配線を通します。今回D700EとD710ではRFユニットとコントロールユニットの配線が変わっています。また、GPS入力がRFユニット部(D700E)からコントロールユニット部(D710)に変更になっているので配線もリプレイスです。車の内装をはがさないとだめです。

 

DSC00078 運転席サイドDSC00079Aピラー

内装をはがすのも一苦労ですね。

DSC00083 DSC00084

いきなり夜の写真で申し訳ないですが、一応付きました。

 

TM-D710の登場で日本でも一気にAPRS移動局が増えるのではないかと思います。ビーコン送出アルゴリズムや、デジパスの方式は結構最新の方式が採用されています。局数が増えてもうまくシステムが作動するよう工夫していきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kai3.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/570

コメントする